綾瀬はるか紅白歌合戦での天然発言とエピソードまとめ(2013年)

はじめに

2019年の『第70回NHK紅白歌合戦』の紅組司会に決定しました。

司会は4年ぶり3回目だそうです。

綾瀬はるかさんは司会への意気込みとして「勝敗はわからないですから、

とにかく私はアーティストの皆さんに全力のパフォーマンスをしていただけるように、

影武者のように頑張りたいと思います」と笑顔で答えたそうです。

影武者のように・・と話されていますが、視聴者が気になるのは綾瀬さんの天然発言ですよね。

今回は過去の紅白歌合戦での綾瀬はるかさんの天然発言やエピソードをまとめみました

2013年紅白歌合戦での天然エピソード

天然エピソード①:謎発言

紅白開始早々に「NHKホールが生きているようですね!」と謎の発言からスタート

この発言には周りの方々も一瞬固まっていましたね。

嵐の櫻井さんも「司会初めてですからね!みんなで頑張りしょう!」とフォローするも

はい、NHKですからね!」と重ねての謎発言で応戦!笑

 

天然エピソード②:噛み倒す

初出場が言えず、3度も「はつしゅちゅじょう」と噛んでいました。

またNMB48のエヌエムビーが言えず、会場の笑いを誘ってしまう、

こちらも櫻井さんのフォローで「噛んでいませんよね・・?」とミスを帳消ししてもらう。

櫻井くんイケメン!

 

天然エピソード③:大物を振り回す!

伍代夏子さんの出番では審査員の杉良太郎さんになんと曲の前後に「いかがですか?」と2度も聞いてしまい

杉さんを困らせてしまうことがありました。

ですが杉亮太郎さんは歌の後で「今日はいつもよりよかったな」との感想を述べ

妻である伍代さんの照れ笑いが見れることとなりました。

 

歌手のmiwaさんの出番では審査員である美輪明宏さんに「同じみわとして何かエールはありますか?」と質問し

美輪さんがドイツ語でエールを送った後に、なんと言ったか説明しようとしたところで

「それでは歌っていただきましょう!」と遮り説明をスルーしてしまいました。

天然エピソード④:曲名を忘れる

天童よしみさんの番では「紅組は天童よしみさんです!」と紹介した後に曲名を言わなかったため

嵐の大野さんより「曲名は?」と聞かれ

詰まってしまい、なんとか思い出した!!と言うエピソードがあります。

見ているとハラハラして目が離せませんね笑

 

天然エピソード⑤:曲名とアーティストが混ざる

 

ももいろクローバーと直前まで会話をした後に

aikoの「Loveletter」を紹介するはずが

綾瀬はるか「aikoさんでモモ…!」となってしまいましたが

すかさず、ももクロが「LoveLetter!!!!!」と言ってくれたようです、ナイスフォロー!

aikoさんもそのあとのCDTVで自身の曲を紹介する際に「もも!LoveLetter!!」と紹介したようです

なんだか微笑ましいエピソードですよね^^

天然エピソード⑥:曲名に込められたメッセージを伝え忘れる

和田アキ子さんの番では

「続いては、和田アキ子さんの『今でもあなた』です。

秋本康さんが作詞されたこの曲には、こんなメッセージが込められているそうです」

「…」

そのまま和田アキ子の歌始まってしまい、視聴者を「どんなメッセージ!?」とヤキモキさせました。

和田アキ子さんは綾瀬はるかさんの事務所の先輩ですし、この後怒られていないか心配ですね><

最後に

 

以上が2013年の紅白歌合戦での綾瀬はるかさんの天然エピソードでした、

紅白の裏方はかなりピリピリしていて、歌手も時間をすぎることは許されないと言う状況ですが

綾瀬さんが司会をした2013年はスタッフも終始和やかなムードだったそうですね。

確かに、どれも微笑ましく見れましたね(ハラハラして目も離せませんでしたが笑)

今年はどんな司会っぷりを見せてくれるのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です