沢尻エリカの夫 高城剛が妻に宛てた手紙が凄い

MDMAを所持していたことで逮捕された沢尻エリカさん、彼女が1度結婚されたことはご存知の方も多いのではないでしょうか。

なんとお二人はまだ正式な離婚にはいたっておらず、現在も婚姻関係にあるそうです。

今回の報道で「高城氏は沢尻エリカにずっと薬をやめさせるように説得していた」との話も上がっています。

そんな中過去に高城剛さんが妻の沢尻エリカさんに宛てた手紙があります。

「君が仕事に復帰すると聞き、僕は誰よりもうれしく思います。」というタイトルで始まる手紙

この時すでに離婚騒動の真っ只中で、沢尻さんがたかの友梨さんの広告で復帰するとなった頃です。

「広告で復帰すると聞き、今日街角で大きな君を見つけて、感涙しました。

君も僕も、生きる事も伝える事もとても下手だけど、心で話せば、人には絶対に伝わります。

君のことを二年半近くも待っていた多くの人が、この国には大勢いるのです。
君のドラマや映画を見て、この子はなんて強くやさしい心を持った子なんだ、ときっと多くの人は知っているのです。

そして僕は、君がとてもやさしい心を持った女性であることを誰よりもよく知っているし、僕はそんな君が大好きです。
だから、いつも心で人と話しなさい。

必要であれば、僕はどんなときも君のそばに絶対にいます。」

たかの友梨さんの広告は待ちわびたファンと、刺激的なビジュアルの広告だったのでとても話題になりましたよね。

泥沼離婚と言われていましたが、高城さんは沢尻さんを心から応援していたんですね。

家族以外の人にこんなに想われていたのに薬に手を出してしまったことは本当に残念です。

 

高城さんは他にもこれからの沢尻さんに向けてのアドバイスも綴っています。

「挨拶」や「挨拶の仕方」は、日本だろうが、どこの国だろうが、人と人の信頼の基本です。
緊張せずに、どんな時も落ち着いて笑顔で挨拶できれば、あとは絶対に大丈夫。

 

君が仕事に復帰すると聞き、僕は誰よりもうれしく思います。

全文はこちら

結婚や離婚当時は悪いイメージがあった高城さんですがこんなにも沢尻さんを大事に想っていたと思うと、全文を読んで涙が出てきました。

 

現在高城さんは取材に対し「ぼくの気持ちは、エリカに未練はとっくにありません。・・今後彼女と関わることはないと思います。

エリカの薬物問題が解決に向かい、今までのような偏向報道がなくなり、本件が正しく報道される頃を待って、事務的に進めたいと思います」と離婚問題について語っています。

沢尻エリカさんの立ち直りには高城さんの力も必要と思っていたのですが、なかなか難しいようです。

当時はかなり偏向した報道がされていたので仕方ないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です