カルディで大人気氷砂糖のシロップ漬け「キャンディス」の使い方について

キャンディスとは

カルディのウェブショップで売り切れになるほど人気の氷砂糖のシロップ漬けですが、

旧ドイツ王室御用達の「MICHElSEN(ミヒェルゼン)」が製造している、「Kandis(キャンディス)」というのが正式名称です。

この商品は紅茶にひと味違ったフレーバーを加えてくれる品で見た目も宝石のように綺麗なことから人気が出たようです。

キャンディスの種類

そんなキャンディスですが現在4種類が発売されています。

レモンキャンディス

旧ドイツ王室御用達菓子司『MICHELSEN』の氷砂糖の丸みのある優しい甘味とレモンリキュール漬けキャンディ。

紅茶に入れていただくと、レモンの爽やかな香りがいっぱいに広がります。

レモンスライスもそのまま美味しくお召し上がりください。※アルコール分5%

アールグレイ

ベルガモットと洋ナシの爽やかな香りとまろやかな甘味の氷砂糖を紅茶に入れて英国風アールグレイティーが楽しめます。

こちらはノンアルコールとのことなので日中も楽しめそうですね!

ラムキャンディ ブラウン

ハンブルク特産の氷砂糖をジャマイカ産ラム酒に浸したラムキャンディス。

こちらはアルコールが含まれており夜向けですね、紅茶やコーヒーにひとさじで贅沢なくつろぎのひと時を・・。※アルコール分5%


ラムのおかげで体がポカポカ温まるそうです、これからの季節にぴったりですね!

チャイ

丸みのある優しい甘味とインド風スパイスの効いたキャンディス。

紅茶・カルダモン・シナモン・クローブ・ジンジャーの香りが魅惑的です。ホットミルクに加えるのもおすすめです。


ホットミルクに入れるとチャイになるそうですね!手軽にチャイができるのはいいですね、これは試してみたい!

 

以上がキャンディスの種類です、アルコールが含まれているものがありますので召し上がる際は気をつけてくださいね。

キャンディスの使い方

氷砂糖のシロップ漬けはあまり普段の生活で使うことはないので使い方に迷ってしまいそうですね、

みなさん色々な方法でキャンディスを楽しんでいるようですね。

1、紅茶に入れる


2、キャンディスのチャイはホットミルクに入れると簡単にチャイになる!

3、炭酸水に入れる

あとは豆乳に入れたり、ヨーグルトに入れたりといろんな方法で楽しむことができるようです。

 

キャンディスが有名になったきっかけは?

うたのプリンスさまの四ノ宮那月さんがツイッターで呟いたのがきっかけのようです。

 

自分の好きなキャラクターが使っている商品は絶対に試したいですよね、納得です!

以上が今話題のキャンディスの種類と楽しみ方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です