チュートリアルの徳井義実はADHD?発達障害?過去のツイートや脱税で疑惑が浮き彫りに!

はじめに

今週は衝撃なニュースがありましたね、人気芸人のチュートリアル 徳井義実さんが脱税で活動自粛となりました。

徳井さんが設立した会社が3年間渡り無申告だったとして約1億円の申告漏れを指摘されました。

さらにそれだけでなく、私的な支出を経費として計上したとして2000万円の所得隠しも認定されています。

その中で脱税のエピソードが「先延ばしにしていた」などADHDの回避行動と似ていることから「徳井義実さんはADHDなのでは?」という噂が流れてきました。今回はその点について調べてみたいと思います!

 

ADHDとは?

ADHDは不注意・多動性・衝動性の3つの症状を主症状とする発達障害です。
ADHDのタイプは、大人でも子どもでも下記の3種類にわけられます。

不注意優勢型(不注意が目立つ)

ケアレスミスが多い、約束を忘れてしまう、物をよく失くすといった、不注意を起因とする症状が主に現れるタイプです。

上記のミスはADHDでない方でも起こりうるものですが、ADHDではこれらのミスが年齢に対して不相応に生じ、日常生活・社会生活に支障をきたします。これらの症状は決して本人のやる気がない、怠けているというわけではなく、脳の機能発達の偏りから起こるものです。

おそらく今回徳井さんがADHDでは?と言われる理由はこの症状に当てはまると思われたからではないでしょうか?

多動・衝動性優勢型(落ち着きのなさが目立つ)

じっとすることができない、失言をしてしまうなど、多動性や衝動性から起こる症状が主に現れるタイプです。

ADHDの多動性というと、すぐに離席してしまうイメージがありますが、大人のADHDでは離席してしまうほどじっとできない方はあまり多くありません。大人のADHDで多動性が現れる場合は、何となくそわそわしている、体を小刻みに揺らす、といった形で現れることが多いです。

混合型(不注意、多動性、衝動性ともに目立つ)

ADHDは発達障害のため、ADHDの傾向は子どもの頃から持っています。しかし、幼少時から不注意優勢型のADHDである場合は、多動・衝動型のADHDより学校生活で問題視されにくく、学業や学校生活に支障がなければ「少しうっかりしているけれど普通の子」として見過ごされてしまうことが多いです。なかには保護者や先生、友人など周囲のサポートにより不注意症状がカバーされ、症状がみえにくくなっていることもあります。

しかしながら、社会に出ると自身でスケジュールやタスクを把握し、ミスなく確実に遂行する能力が求められます。そこでADHDの不注意症状が顕在化して「自分はADHDかもしれない」と受診するパターンが多いと考えられます。

また子どもの頃は混合型であったが大人になるにつれて多動の症状が落ち着き、結果として不注意の症状が目立つことがあります。

参考サイト

徳井義実さんはADHDなの?

では徳井さんはADHDなのでしょうか?こちらについては正式に診断結果が出ていませんので断言することはできませんが、

徳井さんの過去の行動からやはりADHDなのでは?と思われる行動が多いようですね。

 

徳井義実さんがADHDと言われる要因

  • 仮面浪人して入った大学を全く履修せずに4年で2単位しか取れずに退学
  • 福田にコンビにならないかと誘われたが、答えを出すのが億劫で3年間放置する
  • 公共料金を支払うのが面倒臭いと放置し電気ガス水道全てを止められる

こちらについては当時のツイートが残っていました。

  • TSUTAYAへの返却がめんどくさいと放置して高額の延滞金を支払う
  • 小銭がうまく使えずに自宅に小銭の山ができる
  • 申告をして税金を支払うのがめんどくさいと放置して高額の加算税を支払う

以上がこれまでの徳井さんの行動の中でADHDを疑われるものです。

ただ、先延ばしにしてしまうのがADHDのせいでは?と診察にいくも、ただのだらしない人と言われることもあるので

徳井さんがどちらに当たるのかわかりませんが、疑われてしまうのもしょうがないのでは?といった行動ですね。

ADHDは治療できるの?

ADHDは薬物療法と心理療法といった治療法や、治療まではいかなトレーニングで緩和するという方法もあるそうです。

また最近流行りのアンガーマネジメントもADHDの緩和トレーニングの一つと言われています。

症状は各自違うのでその人にあった治療法をお医者様と相談し症状を緩和するようですね。

まとめ

活動自粛がどのくらいの期間かわかりませんが、復帰されたらきちんと義務を果たしながら活動していって欲しいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です