【防災】停電時にポリ袋でのお米の炊き方

はじめに

台風も近づいてきて、この時期は災害に対する意識も高まる時期です。もしもの時に備えて防災・非常時の知識を増やしておきましょう!

今回は停電時にポリ袋でお米を炊く方法をご紹介します。

何もないのが一番だけど、備えあれば憂いなし!

ポリ袋でお米を炊く際に準備するもの

1、ポリ袋(耐熱性で、本来は食品用の高密度ポリエチレンがベスト)

2、お米1合

3、お水 計量カップ1杯

4、コンロなどの火元

5、お鍋(湯煎するため)

 

ちなみに食品用の高密度ポリエチレンは普段使うものではないので、災害時に備えましょう。ちなみにジップロックはできないこともないのですが、メーカーが推奨していません。

 

なお匂いも防ぐそうなので、オムツを破棄する際やペットのシーツを処理する際にも使えるそうです。

 

ポリ袋でお米を炊く方法

1、袋にお米を1合入れる

2、お水を計量カップ1杯入れる

計量カップがないときはお米が浸るくらい入れましょう!

3、ポリ袋の空気を抜きながら縛る。

4、湯煎したお湯に入れ、20分前後湯煎する。

(この時、ポリ袋が鍋底にくっつかないようお箸でかき回すか、下にお皿を入れておきましょう!)

5、5〜10分蒸らしたら出来上がり!

 

実際に試したところ、美味しさはもちろん炊飯器には劣りますが電気が止まっている中で暖かいご飯が食べれるならこの方法は全然ありだなという感じです。

こちらでは実際の写真も載せながら解説してくださっているので、ご覧ください。

こちらは、なべやフライパンがあるときにご飯を炊く方法です。10分で炊けて、さらに炊き込みご飯のレシピも紹介されているので普段でもチャレンジしたいレシピです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です