【台風19 号】進路予想と強さとは?最大風速と最大瞬間風速の違いについて

はじめに

2019年10月の3連休に本州直撃が予想されている、台風19号、かなりの被害が予想されるとのことで皆さんも不安ではないでしょうか?

今回はそんな台風19号の予想進路とニュースで耳にする「最大風速」と「最大瞬間風速」の違い。

風速○メートルって具体的にどのくらい?といった疑問点を調べてみました!

台風19号の予想進路

気象庁

10月12日にはすっぽりと日本を覆う形に進んで行く予定となっております、せっかくの3連休ですが身の安全を一番に考えて行動してくださいね!

ウェザーニュース

最大風速と最大瞬間風速の違い

テレビでよく聞く最大風速と瞬間最大風速という言葉皆さんは違いをご存知ですか?

最大風速

10分間の風速の平均をだし、その平均風速の最大値

瞬間風速

風速計の測定値(0.25秒間隔)を3秒間平均した値(測定値12個の平均値)。

最大瞬間風速

瞬間風速の最大値。

最大風速45m/sってどのくらい?

今回の台風19号で予想されてる最大風速は45m/sとのことですが、45m/sが具体的にどのくらいの風かというと

だいたい40m/sで「体を45度に傾けないと倒れる、小石が飛ぶ」と言われています。よく台風の時にテレビでみる傘をさしながら前かがみになって進んでいる人をみますが、あんな感じですね。

台風の強さの度合い

テレビの台風解説で「非常に強い〜」などの説明がありますが、あの強さもきちんと風速などで決まっています。

 

強さの階級分け
階級 最大風速
強い 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上
大きさの階級分け
階級 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

気象庁HPより

過去の台風被害

2017年 台風21号

2017年10月23日に「超大型」で強い勢力の台風21号が静岡県に上陸しました、「超大型」の勢力を保っての上陸は記録上初めてだったとのことです。

近畿地方から関東地方の太平洋側を中心に大雨となり川の氾濫や土砂崩れが発生し、暴風の影響で電柱が倒れ鉄道が連日運休んなるなど日常生活にも影響を及ぼすほどの被害となりました。

2018年 台風21号

約1年後の9月4日に台風21号は「非常につよい勢力」で徳島県に上陸し近畿地方を通過、日本海へ抜けました。

この「非常に強い勢力」での上陸は1993年以来とのことで記録的な暴風で大規模な高潮をもたらしました、特に近畿地方では最大瞬間風速50m/sを超える猛烈な風が観測され、各地で屋根が飛ぶなどの被害がありました。

この時の映像はかなり衝撃的ですよね。。

被害はないに越したことはないですが、もしものことを考えて慎重に行動してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です