ZOC巫まろは元アンジュルムの福田花音だった!ハロプロ卒業の理由とは?

 

ZOCに新メンバーとして発表された巫(かんなぎ)まろさん

実は元ハロプロにいた福田花音さんだったと話題となっています。

今回は同じアイドルとはいえジャンルの違ったグループに加入した巫まろさんが

どうしてハロプロを辞めたのかについてなどを調べてみました!

巫まろのプロフィール

氏名 福田花音(ふくだ かのん)
生年月日 1995年3月12日
身長 155cm
生年月日 A型

なおZOCは巫(かんなぎ)まろの名前で活躍されています、

カラーはまろんくりーむ色^^

この「まろ」ですがハロプロ時代に福田花音さんが自身のことを「まろ」と言っていたので

その辺りからきているのかなぁと思われます。

2019年12月末にアップフロントとの契約を終了したことを発表されました、

その後2020年3月27日に巫まろとしてZOCに加入されました。

ZOCの新曲で「SHINEMAGIC」でデビューされています。

さすが元ハロプロアイドル初登場でセンターです!

ダンス・歌共にレッスン量がすごいと言われるハロプロにいただけあって

巫まろさんのダンスや歌は抜きんでていますね!

巫まろは元ハロプロのメンバーだった!

ZOCで衝撃のデビューを飾った巫まろさんですが、

元ハロプロでアンジュルムのメンバーとして活躍していた福田花音さんであることがわかっています。

アンジュルムでは福田花音として活躍

こちらがアンジュルムで活躍してた頃の巫まろさんです。

デビュー当時は自分のことを「シンデレラの生まれ変わり」と言っており

(冗談でなく本気で)

ちょっと変わったでもとても女の子らしいイメージでした。

アンジュルムの卒業理由

巫まろさんは2015年11月29日に日本武道館にて行われた秋ツアー最終日公演

『アンジュルム ファーストコンサートツアー2015秋「百花繚乱」〜福田花音卒業スペシャル〜』

をもってアンジュルムおよびハロー!プロジェクトを卒業されました。

卒業の理由については

・後輩のメンバーの成長する姿がみれた

・学業の専念

・作詞家を目指す

と言った理由があげられました。

また卒業コンサートは武道館で日曜日に開催されています。

最終公演や卒業公演は平日に開催することが多ハロプロなので

日曜日の公演はファンにとって驚きの公演だったようです。

 

 

巫まろ(福田花音)がアップフロントとの契約を終了した理由とは?

アンジュルムの卒業後は学業に専念しつつ、

作詞家としても少しづつですが活動をされていました。

アンジュルムの初期メンバー(当時はスマイレージというグループ名でした)の

和田彩花さんの最後の参加アルバムである「輪廻転生〜ANGERME Past, Present & Future〜」の

和田彩花さんのソロ曲として収録された「わたしの夢見た15年」の作詞を担当されています。

今後も作詞家として頑張っていきたいとコメントもされていた

巫まろさんでしたが2019年12月末にアップフロントとの契約を終了したと

報告されました。今後ハロプロへの作詞提供は契約終了となると難しいのではないでしょうか・・?

今後も頑張っていきたい宣言の後の急な契約終了の理由ですが、

これについては明確な理由がわかっていません。

巫さんがアイドルとしてやっていきたいことが出てきたのかもしれませんね。

 

巫さんが作詞した「わたしの夢みた15年」は巫さんが歌ったセルフカバーバージョンとして聞くことができます。

この動画を見ると、アイドルとして全く問題なく活動できるだろうなぁと思います。

巫まろ加入についてネットの反応

最後に

スマイレージやアンジュルムで活躍されていた時に拝見し、

とても可愛らしいなぁと思っていたのでアイドルとして復活されたのはとても嬉しいです!

とはいえ同じアイドル業界での復活に色々と苦言を呈されることも多いと思いますが

巫まろさんらしく頑張って欲しいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です