山中伸弥教授のコロナに関する情報(まとめ)

山中教授がコロナに関する情報サイトを発信しています。

ゴールが見えない戦いの中何が正解で、どの情報を信じていいかわからない状況だと思います。

このサイトの中では「正しい可能性が高い情報」として

  • 「年齢により致死率に差があり、高齢者の致死率は10%前後と高い」
  • 「感染しても症状が出ない場合はある」
  • 「国、地域によって致死率が異なる(日本3.5%、イタリア9%など)
  • 「感染力は、一番低い報告でも、季節性インフルエンザと同程度」(一番低い報告でも、です)

https://www.covid19-yamanaka.com/cont7/main.html

などが挙げられており

そして「エビデンスのない情報」として

  • 「暖かくなると感染は終息する」
  • 「感染者の報告されていない都道府県では、感染拡大の可能性はひくい」
  • 「屋外のイベントではクラスターの心配ない」

https://www.covid19-yamanaka.com/cont7/main.html

などが挙げられています。

山中教授からのメッセージとして

「新型コロナウイルスはすぐそこにいるかもしれないと自覚することが大切です。

桜は来年も必ず帰ってきます、もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」

 

イギリスで21歳の女性がコロナウイルスが死亡した件では

女性の母親が動画でメッセージを配信しています。

「このウイルスがどれほどのものか、目の前で繰り広げられている。

事態は始まったばかりです。お願い、お願いだから政府のガイドラインを守ってください」

自分の役割を果たすとき。自分と周りを守るとき。ウイルスが広がっているのではなく、人がウイルスを広めている

自粛要請が言われる中、要請内容が曖昧で非常に判断に迷うところではありますが

一人一人ができること(かからない、人にうつさない努力)を行っていくことが大切だと思いました。

 

トレンドブログとしてやっているこのサイトでジャンルは違いますが、

ぜひ多くの方に知ってほしいと思い掲載しました。

(こちらの記事には広告を掲載しないようにしています、

ページ内にはどうしても自動表示されてしまう広告がありますが、お許しください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です